VOICE ACTOR

声優

ドラフトオーディション

全員参加のオーディションは年間350回以上

芸能プロダクションと太いパイプを作り続けているヒューマンアカデミーでは
年間のべ350回以上のオーディション実績があります。(2017年度)
選抜された学生だけでなく、希望者全員がプロダクションのオーディションに参加することができるのが特長です。
中でも全国の校舎にプロダクションの担当者が来校し実施する
「ドラフトオーディション」は書類選考なしで全学生にチャンスがあります。
オーディションに向けての模擬オーディションや自己PR対策など徹底した対策を実施し
自信を持ってオーディションにのぞむことができます。

Check1. 参加プロダクションは90社超!

声優・俳優・タレント・ナレーションなど様々なプロダクションが90社も参加。それぞれ求める個性が異なるため、所属チャンスは数が多いほど当然あがります。

全国をライブシステムでつなぐから、どこの校舎でも平等のチャンスがある。

全国に校舎があるヒューマンアカデミーの特徴をいかして、オーディションチャンスを全国に展開。東京にいなくてもチャンスは学生全員に平等にあります。

Check2. 期間は2ヶ月以上。その分チャンスも多数!

オーディションは例年1月中旬から3月末までの2ヶ月以上をかけて実施されます。2~3日に一度はオーディションが行われるため、多くのチャンスがあります。

自分の方向性にあうプロダクションをマネージャーと一緒に相談し、対策を練っていきます。

数をこなすことでオーディションにも慣れ、本来の力を発揮できるようになります。

合格プロダクション

    • 青二プロダクション
    • アクセルワン
    • アクロス エンタテインメント
    • アズリードカンパニー
    • アトミックモンキー
    • アミュレート
    • アミューズ
    • EARLY WING
    • アールグルッペ
    • WITH LINE
    • うぃなぁエンタテイメント
    • 81プロデュース
    • エーエス企画
    • 大沢事務所
    • 太田プロダクション
    • 尾木プロ THE NEXT
    • オフィスCHK
    • オフィスPAC
    • ガジェットリンク
    • ギャビーオフィス
    • ケイハイブ
    • 劇団M.M.C
    • 声の劇団イマージュ
    • サンミュージック
    • ジェイズプロデュース
    • JTBエンタテインメント
    • シャイン
    • Jac in production
    • C&Oプロダクション
    • スチール・ウッド・ガーデン
    • スペルバウンド
    • スリートゥリー
    • だるま企画
    • ディーエスイー
    • ディーカラー
    • 東京ドラマハウス
    • トリアス
    • B-BOX
    • ピアレスガーベラ
    • フロスツゥー
    • プロースト!
    • ぷろだくしょんA組
    • プロダクション・エース
    • プロダクション・タンク
    • ベストポジション
    • ホーリーピーク
    • マック・ミック
    • ムーブマン
    • ゆーりんプロ
    • リトリート
    • リンク・エンタテインメンツ
    • ロックンバナナ
    • ワイスプロダクション

(〜2017年度実績 ※50音順・敬称略・一部抜粋)

ドラフトオーディションの流れ

STEP1:1次審査

  • 多くのプロダクションの担当者が審査員として来校されます。
    オーディション会場は、普段から授業を行っている教室。リラックスして普段の実力を発揮してください。

STEP2:オーディション

  • 次の選考では各プロダクションの事務所orスタジオで行います。
    万全のサポート体制で、事前のオーディション対策もばっちり。悔いの残らないように自分をアピールして、合格を勝ち取ろう!

STEP3:研究生合格/預かり・Jr.・準所属

  • 合格すると、各プロダクションの基準に沿って所属が決定します。
    ここから先はデビューを目指して、得意分野や個性をもっと伸ばし、スキルに磨きをかけます。

Debut!!

  • 所属プロダクションで努力を続け、実力が認められればいよいよ"デビュー"。これまでたくさんの先輩たちがデビューを果たしています。
    キミも夢をかなえよう!

さらに
オーディション後にはフィードバックをいただいています。

たとえ不合格となったとしても、自分に対する客観的な評価を知ることができ、次へとつながる課題を明確にすることができます。

2ヶ月以上かけて、90社以上のプロダクションのオーディションを受ける中で、しっかり成長しながらプロダクション所属にむけて進むことができます。