news&topicsニュース・トピックス!

空のイラストを描く方法と学び方や講座について

空のイラストを描く方法と学び方や講座について

季節によって移り変わりがあり、描き方に工夫が必要な空は苦労する人も多いです。何気なく描いてしまうと何を表現したいのかわからなくなったり、単調になってしまったりして雰囲気を十分に出すことが難しくなってしまいます。ここでは、コンピューターのイラストを描くソフトでの空の描き方についてご紹介していきます。

空の塗り方

空の色はグラデーションになるように塗っていきます。画面の上から暗く、下が明るくなるように描いていくことが基本です。光源の位置によって左側もしくは右側を暗めにすることもありますが、全体としては上下で明暗をつけるようにします。順番はとしては、はじめに全体を塗りつぶします。次に画面下部の色を決め、グラデーションになるようにぼかしていきます。グラデーションのツールがないソフトの場合は何色か空に使う色を決めて層状になるように色を配置していきます。その後ブラシやスポイトなどを使うとむらのあるぼかし方が可能になります。夕焼けの場合は下の方を薄い赤で表現してその間をグラデーションでぼかしていくと良いです。夜空の場合は月の位置によって明暗をつけて星や雲をプラスしていきます。建物を下に置く場合はその周りは特に明るくなるようにしましょう。

雲の描き方

空の次には雲を描いていきます。雲を描くときにはアタリを取ります。どの位置にどのような大きさや形状の雲を描くのかの目安を描きます。何となく描くよりも、季節やお天気に応じた種類のものを描いた方が雰囲気を出すことができます。球体を意識しつつ、空色の背景の上に新しい雲の色を薄く塗り重ねていきます。いくつも雲を描くときには同じ形にならないように気をつけましょう。そして、消しゴムやブラシを私用して形を整えます。色が単調にならないように意識しましょう。雲の形ができたら雲の影を描き込んでいきます。色は空の色よりも少し明るい色にします。

本格的に学びのであれば専門学校や講座に通ってみよう

空の描き方はイラストを学ぶ中の一部となります。そのため、専門学校や専門学校が開講している講座などで学んでいくことが可能です。多くの専門学校では現役のプロ講師が直々に教えてくれるので、より細かい部分まで専門的に学ぶことが可能です。仕事や勉強に忙しい方には夜間や休日のみの講座もあるので、それらを検討してみるのもよいでしょう。


モデルカテゴリの新着記事

  • 【今年ももう終わり!】お休み期間のお知らせ
    モデル モデル
    【今年ももう終わり!】お休み期間のお知らせ
  • マスキングテープで描くイラストと学べる講座
    お役立ち情報 イラスト・マンガ・シナリオ
    マスキングテープで描くイラストと学べる講座