news&topicsニュース・トピックス!

プログラマーの素養①


今回お話しするのはプログラマーの素養です!

プログラミングは勉強すれば誰でも出来るようになりますが、
やはり向き不向きはありまよね。
これはプログラミングに限らずどんなことでも同じだと思います。

では、どんな人がプログラミング、プログラマーに向いているのか。
「プログラマーなんて私にはムリなんて思って居る方も
実は向いているのでは…?

5a785a72f0c497cde52a3df963723641_s.jpg


『プログラマーの三大美徳』

ラリー・ウォールという有名なプログラマー(Perlという言語を作った人)
が唱えた、プログラマーが美徳とすべき三要素で、有名なものです。

1.怠慢(Laziness)
2.短気(Impatience)
3.傲慢(Hubris)


これだけ見ると正直良いイメージはありませんが…
これにはちゃんと意味があります。

1.怠慢(Laziness)
これが最大の美徳とされます。
プログラミングは捉え方によっては、面倒くさいことをなくすために書くものです。
また、コードをたくさん書くのは面倒なので、いかに効率的にやるかを考えることも大事です。
ということで、「面倒くさいのが嫌だから効率にやる人」が向いています。

2.短気(Impatience)
コンピューターやプログラムにおいて問題が起きたときに「怒り」を感じる人です。
要は問題に対して「どーでもいい」ではなく、「どうにかせねば」と思うかどうかです。
問題を解決する、あるいは、問題が起きないように先回りすることができることが大事です。

3.傲慢(Hubris)
言い方を変えれば「自信家」です。
プログラムのコードは自分だけでなく、他の人にも読みやすくわかりやすく書く必要があります。
ですので、自分が書いたプログラムはどこに出しても恥ずかしくない!と自信を持っていること、
また、それを保つ努力をすること、という解釈になります。

いかがでしょうか。

いずれもちゃんと解釈すれば「そりゃそうね」という内容ばかりですが、
プログラマーにはこういう考えが大切なのです!


ゼロからデザインのプロへ!!
働きながら通えるweb/グラフィックデザイナー養成講座


【無料 資料請求】最短2日でお届け!まずはパンフレットを取り寄せよう!

【無料 学校見学】随時開催中!学校見学はこちらからお申込みできます!

【無料 体験授業】オープンキャンパス!体験授業はこちらから申込できます!

トピックスカテゴリの新着記事

  • 声優事務所「マック・ミック」マネジャーによる模擬オーディション実施!
    トピックス 声優・タレント・モデル
    声優事務所「マック・ミック」マネジャーによる模擬オーディショ...
  • 【夜間週末講座】大学生活と声優レッスンの両立! 受講生インタビュー
    声優・タレント・モデル 声優・タレント・モデル
    【夜間週末講座】大学生活と声優レッスンの両立! 受講生インタ...