内田英利トレーナーのスポーツトレーナーコラム

【トレーナーコラム①】NESTA・PFT認定講師 内田英利氏

【第1回 内田英利氏 自己紹介】

uchida_pr.jpg
株式会社フィットネス・ゼロ
代表取締役 内田英利 Hidetoshi Uchida
Facebook:http://facebook.com/zero.uchida


はじめまして。ヒューマンアカデミー横浜校でスポーツトレーナー養成講座を担当しています、講師の内田です。
NESTA・PFTの認定講師として、横浜校では4期を担当、14年10月開講のコースで5期目になります。

この講座では、全くスポーツトレーナーの経験が無い方、現在スポーツクラブでトレーナー経験を積んでいるものの“トレーナー学”を学び直そうと通われている方、
また、他のお仕事からスポーツトレーナーへ転職を考えている方などが受講しています。

こちらのブログをご覧になっている方の中にも、スポーツトレーナーってどんな勉強をすれば良いの?トレーナー業界ってどんな世界なの?…など、
とても興味を持っている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回から連載するこちらのブログで、スポーツトレーナーの各分野を少しずつご紹介しますので、どうぞお楽しみに!


先ずは、第1回目ということで…スポートトレーナーコラムを担当する私の自己紹介をさせていただきます。

私:内田英利(うちだひでとし)は、1971年生まれ、茨城県出身の現在43歳です。学生時代は、格闘技や陸上競技を経験し、障害者スポーツ&高齢者指導を学びました。
かといって、卒業後直ぐにスポーツトレーナーの世界に足を踏み入れた訳ではありません。。当時、メディア学や語学の方に興味があったので、とある新聞社や雑誌社に勤務し、
計4年程、記事の執筆や編集業務をしていました。

身体を動かすことは大好きだったので、社会人になってからは、マラソン大会やトライアスロン大会に出場したり、後にお世話になる大手スポーツクラブで汗を流したりしていました。

何がきっかけでスポーツトレーナー業界に入ったというと、、、そうですね、新聞や雑誌を手に取って喜んでいただくことよりも、目に見えないもの=サービスを提供することに、
次第に興味が変わってきたことですね。それに、スポーツトレーナーという、当時はまだそれ程認知されていなく、何だかキラキラと輝く“新しい分野”でもあったので、若さなりの勢いで「えいっ!」と転職してしまいました。

大手スポーツクラブに転職し約10年…トレーナー業や店舗運営の基礎を学ばせていただき、その後独立。
現在は、株式会社フィットネス・ゼロというトレーナーの育成やフィットネス施設の運営、ダイエットプログラムの開発等を行う代表取締役に就いて7年になります。


2007年よりNESTA・PFT養成コースの講師を担当し、現在まで計16期、のべ120名以上のトレーナー希望者を指導しました。

私の専門分野はマラソンで、自身も社会人時代から続けてマラソン歴はかれこれ15年になります(ベストタイムは、2時間45分01秒)。
毎年、グアムでのマラソンイベント「グアム トータル・ビューティー ツアー」を実施し、アイドルグループのメンバーを海外でマラソン指導したり、
海外のフィットネスプログラムの魅力を伝えたりしています。

また、女子プロボクサーを指導しており、中には世界チャンピオンになった江畑佳代子選手もいます。彼女は今も王座返り咲きを狙って、私と一緒にトレーニングを頑張っていますよ。
また、大相撲の貴乃花親方が考案・監修された貴流運動法を、私も共同開発としてお手伝いしました「シコアサイズ」 (㈱幻冬舎)がありますので、皆さん、サイトを検索して、チラッと覗いていただければと思います。

次回からは、いよいよ、スポーツトレーナーの世界をトレーニングの話からビジネスの話まで、ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!


内田講師が指導するスポーツトレーナー養成講座のカリキュラム紹介動画はコチラ⇒

内田トレーナーコラムカテゴリの新着記事

スポーツ記事一覧はこちら