よくあるご質問

よくあるご質問

資料請求 学校見学 体験授業
学費について
  • 学費を一括で支払えません。分割払いでも大丈夫でしょうか?
  • 夜間・週末コースにご入学の方のほぼ90%程度の方が分割払いを利用しています。
    最大84回まで分割できる教育クレジット、分割金額を決めてクレジットが組めるプラン、
    銀行や国の教育ローンも使用可能です。月5000円〜可能です。
    ※教育クレジットには審査がございます
  • 学費はいくらぐらいですか?
  • 各講座、通学期間によって異なります。10万〜120万まで希望される学び方により異なりますので、詳細は職員にお問い合わせください。
授業について
  • 会社に通いながら、大学に通いながらの通学は可能ですか?
  • 勿論可能です。週1日〜通えることは勿論ですが通学なしの形態も含めてご都合にあわせての学習が可能です。
  • 仕事や学校が忙しくいけなかった場合のサポートはありますか?
  • 各講座により異なりますがあります。振り替え制度、ビデオ補講などのフォローが可能です。また講座によっては補講、特別授業などがありフォローUPしております。
  • 初心者ですが大丈夫でしょうか?
  • 各講座では既に業界経験者の方もいますが、基本初心者の方〜経験者・業界人も含めて対応できるようにレベルにあわせた指導プログラムとフォロー体制がありますのでご安心ください。
就職サポートについて
  • 求人、オーディション、インターンの紹介などはありますか?
  • はいあります。総合学園ヒューマンアカデミー(2年制)の情報も含めて各講座ごとに関連業界と連動して随時ご紹介しております。ヒューマンにだけしか来ない情報もあり、授業前後に共有させていただくことが多いです。
  • 就職やデビューのフォローはどのようにされますか?
  • 入校前、在学中、修了後も含めて職員・講師からの定期的な個別面談の実施と同時並行で学内に来るインターン、バイト、正社員求人、オーディション、コンテスト情報を随時お知らせします。またヒューマンが主催する就職イベント(スポフィットジョブ、クリジョブ)やオーディションなどにより フォローをしています。
その他の質問
  • 授業外で施設の利用は可能ですか?
  • ハイ可能です。学生証を提示いただければ基本授業外で学内施設の利用は可能です。
  • 修了後のサポートは何かありますか?
  • 勿論あります。就職やオーディション情報については修了後もお送りします。またキャリアUPのための最新のセミナー、上級者向けの講座のご案内なども随時させていただき関連業界での活躍と成功をサポートします。また修了生の方だけしか受けられない通常の半額で受講できる研究生講座などのサポートもあります。
声優・タレント・モデル分野に関するご質問
  • 声優・タレント・モデルの仕事はどのようなものがありますか?
  • 声優というとアニメの仕事が目立ちますが、実はナレーションや外国語映画(海外ドラマ含む)の仕事が多くあります。ほかにも音声ガイド、交通アナウンスなど声に関わる仕事全般になります。タレント・俳優はTVの仕事以外に、舞台の仕事をして人気が出てくる方も多くいらっしゃいます。
    モデルの仕事は雑誌・WEB・カタログ・CMなどのスチール系モデルやファッションショー・ヘアメイクショーなどのショー系モデルなどが主にあります。ただ最近では、雑誌などのモデルがTVなどでタレント活動をする事が多くモデル・タレント・女優の垣根が無くなって来ており、マルチに活躍出来る人が求められます。
    声優・タレント・モデル共通して言えることは、幅広く芸を広げる事で、仕事の幅が広がり、活躍できる業界が欲しい人材になるという事が言えます。
  • 声優・タレント・モデルの芸能事務所はどんな事務所がありますか?またどんな事務所が良いですか?
  • 数多くの事務所が有り、登録制~所属まで、いろいろなケースがあります。どんな事務所が良いかは本人の希望によっても変わってくると思いますが事務所のホームページなどを確認し、所属タレントやお仕事の確認をした上で自分が目指す方向性と合っているかをしっかりと見て、選んでいく事が必要です。
  • 声優・タレント・モデル業界で働くに際して年齢制限はありますか?
  • 【声優の場合】
    ヒューマンアカデミーで行われる事務所のオーディションでは年齢制限は設けておらず、何歳からでも目指せる業界ではあります。 一般的にアニメの仕事は10代~20代前半が中心となりますが、ナレーションの仕事は30代の方も多くいらっしゃいます。ナレーションの仕事から初めて、アニメや外画の仕事へ移行する方も多くいらっしゃいます。

    【タレントの場合】
    俳優の仕事は10代~20代前半の早い時期からはじめる事が大事です。特に舞台の仕事からデビューする方も多くいらっしゃいます。

    【モデルの場合】
    雑誌などはその雑誌毎に対象年齢がある為、年齢制限が掛かってくる部分はあります。ただ最近では、20代後半~30代の方向けの雑誌が増えており、全体的にモデルさんの年齢が上がってきている事も事実です。またモデルだけに囚われず、タレント・女優などマルチに活躍する方が増えており、年齢制限は無くなってきています。
  • 現在、ある事務所に所属をしていますがスクールに通って、これから修得できるものはありますか?
  • 芸能界の仕事は、事務所に所属してから仕事を獲得出来るか?が勝負になります。現時点で、お仕事経験を詰まれているのであれば、レッスンなどは必要ないと思いますが、なかなかお仕事のオーディションなどが受からない、、、などで有れば、何か足りない部分があるのだと思います。写真の撮られ方・セルフプロモーション、そしてモデルに関してはウォーキングなど人によって課題は違いますが、その課題をクリアする事でお仕事のオーディション結果も変わって来ると思います。
  • 私は初心者ですが、1年で大丈夫ですか?
  • 皆さん初心者からのスタートの方が殆どになるのでご安心ください。 短い時間の中で集中して、声優・モデル・タレントとして基礎的な部分を身に付ける期間として考えてください。後は、自分のキャラクターや色、人間性などが勝負の鍵となります。そのように多方面のサポートを行います。
マンガ・イラスト分野に関するご質問
  • 講座の最終目標はどうなりますか?
  • マンガ、シナリオ、イラストには、それぞれ、デビューを目的としたカリキュラムを作成しております。講座ごとに目指せる職種として以下がございます。
    マンガ家養成講座(マンガ家、マンガ家アシスタント、マンガ原作家)
    シナリオ総合講座(小説家、ライトノベル作家、シナリオライター、ゲームプランナー)
    イラストキャラクターデザイン講座(イラストレーター、挿絵作家、キャラクターデザイナー、ゲームグラフィッカー)
    また、近年、<マンガ家>、<イラストレーター>、<シナリオライター>の雇用を積極的に進めているデザイン会社やゲーム会社、そして広告会社も増えてきているため今までデビューしか道が無かったと思われる業界ですが、就職も目指せます。
  • 初心者でも、ついていけますか
  • 全く問題ございません。もちろん経験者の方、個人で作品を作っている方もいらっしゃいますが、初めて挑戦する方の為に各講座の基礎コースを準備しております。マンガ、シナリオで言えば、ストーリーの考え方、画材の使い方から始まり、半年間の授業の中で必ず1作品を完成させることを目的としてカリキュラムを作成しております。授業開始時には、投稿目標とする出版社、雑誌編集部を選定し個別指導でサポートしていきます。また、イラストに関しても基本的な線の引き方に始まり、アナログ、デジタルの両方の基礎を習得できるカリキュラムを準備しております。
    就職活動が目的になる方の多い講座になりますので、半年の基礎コースであったとしてもポートフォリオ(就職活動で使う、作品集)の完成を目指していただく事が出来ます。
  • 経験者(芸術系、美術系の大学、専門学校で学んでいた)ですが、通うメリットはありますか?
  • 経験者の方の再出発の場として受講されている方も多数いらっしゃいます。 各講座の実践コースがお勧めです。現在受講中の方でも芸術大学のマンガ学科やイラスト学科に在学中の方や、卒業生の方が多数いらっしゃいます。 そういった方々が通われている理由として、ヒューマンアカデミーのデビューサポートが、他の学校、スクールには無いものばかりです。 大手出版社が40社以上集まる、「マンガ合宿」への参加や、日本で唯一、教育機関が主催で実施している、ゲーム、CG系企業のクリエイティブ系求人の集まる合同企業説明会「クリジョブ」への参加など実際に、デビューや就職を目的とした行事を目標に授業を進め、今まで勉強されていた学校での課題提出が目的の授業とは一線を引いた授業が行われています。
  • 絵を、描いたことがありませんがついていけますか?
  • 特にマンガ、イラストの講座に興味のある方からいただく質問ですが、問題ありません。
    絵をかけなくても、デビュー、就職する方法があります。マンガであれば、マンガ原画の方と協力して連載をしていく原作家という仕事があります。基本的にストーリー構成、セリフ回しなどを考えることが仕事になります。この方法で、生まれた名作も数多くあるので、マンガ家として名を残すことも夢ではありません。
    イラストで在れば、CGの分野で線画の抽出(アナログ原画をCGに加工する仕事)や着彩(線画のCGに色を塗る仕事)といった直接、絵を描かずとも 仕事に関わり続けることが出来ます。また在宅でも働くことが出来る方法もございます。
    ただ、多くの方は、いざ講座を始めてから着実にスキルアップしていき、デビューや就職たどり着いた方もいらっしゃいます。 大事なのは、まずチャレンジするという事です。
  • 本当に、週に1回で目標とする職業を目指せますか?
  • 目指すことは可能です。ただし、週に1回のヒューマンアカデミーの授業の中だけで完結させようとお考えなら、難しいとお考えください。 授業以外の6日間の取り組みが左右するのは、言うまでもありません。仕事の後のプライベートの時間や、学校の授業の合間に時間を見つけて取り組んで頂く必要があります。受講生の頑張りに答えるサポートを実施していおります。 授業前後はもちろん、授業のない平日でもサポート職員による添削やアドバイス、就職相談、デビューに向けた活動も並行して実施しております。
    ご自身の目標を、講師、職員と共有してください。 可能な限りのサポートで目標に向けて、二人三脚で一緒に目指していきます。
スポーツ分野に関するご質問
  • スポーツに関わる仕事はどのようなものがありますか?
  • 大きく分類すると2種類に別けられます。プロスポーツ選手等の競技者に直接関わる指導系のお仕事であるトレーナー、インストラクター、コーチ等と選手やチームを裏方として支えるビジネス系のお仕事であるフロントスタッフ、エージェント業、スポーツメーカー、マスコミ等です。細かく分けると、指導系のお仕事でも、パーソナルトレーナー、フィットネストレーナー、メディカルトレーナー、コンディショニングコーチ、フィジカルコーチ、アスレティックトレーナー等様々なお仕事があります。
  • スポーツ関係の求人ってたくさんありますか?
  • 国内のスポーツ産業は他産業と比べるとまだまだ小さく、一般のインターネットや雑誌媒体等に掲載されることは稀です。即戦力が求められるため、紹介での採用が多いのが実情です。(もちろん、職種によってはたくさん掲載されるものもあります。)スポーツ業界で働くためには、知識、経験、人脈が必要不可欠です。近年日本では、健康志向、スポーツ医学の発達等の影響もあり、スポーツトレーナーの需要は非常に高まっています。
  • スポーツ業界で働くに際して年齢制限はありますか?
  • 全くございません。やる気さえあれば、何歳からでも始めることができます。ただ、一般のお仕事と同じように若い方のが有利な点もあります。始めるなら早いに越したことはありません。
  • スポーツトレーナーに資格って必要ですか?
  • スポーツトレーナーになるのに、必ずしも資格は必要ありません。国家資格も設けられていません。これまでの日本では、医療系の国家資格(柔道整復師、理学療法士、あん摩マッサージ圧師)を持つ方がスポーツトレーナーをしてきました。近年では、スポーツ先進国であるアメリカの様々な資格が日本でも取得できるようになり、ストレングス・コンディショニング系の資格を有するトレーナーが主流となりつつあります。ただ、資格よりも重要なのは"実際にその人に教わってどう感じるか"です。基本的なコミュニケーション力や実技指導の経験を身に付けなければ一流のトレーナーにはなりません。
  • スポーツ業界って本当にお金稼げますか?
  • スポーツ産業は他産業と比べて、業界規模が小さいため、雇用される形では収入も多くは望めません。一般的なサラリーマンの方が収入は高いでしょう。しかし、年収1000万を越えるスポーツトレーナーやエージェント、フロントスタッフはたくさん存在します。どんな仕事でもそうですが、成功すればお金は稼げます。スポーツ業界ではスポーツ業界でなければ得られない喜び、楽しさ、つらさ、悔しさがたくさんあります。仕事に何を求めるのか?収入、福利厚生、人間関係、やりがい等、人によって様々です。働いている業界人を見ているとお金だけでは得られない何かをたくさん得ている気がします。
  • 現職者(パーソナルトレーナー、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師等)が学校に通って、これから修得できるものはありますか?
  • 経験者でも修得できるスキルがあります。どの職種にも共通して、それぞれのキャリアアップの為のキャリアビジョンが拡がると思われます。
    【パーソナルトレーナー】
    トップトレーナーから成功していく為のノウハウや、基本となる知識から、現場で必要とされる実践的な知識の見直し、人脈構築などが可能となります。また、資格をお持ちで無い方であれば、国際ライセンスの取得も可能です。

    【理学療法士、鍼灸師、柔道整復師】
    現在診ている患者様へのアプローチ方法が増え、より多角的な治療行為が可能となります。 また、トレーナーの勉強をする事により、医療系の知識も持ったトレーナーとして活躍出来る幅も拡がります。
ビューティ&ファッション分野に関するご質問
  • 全くの初心者ですが大丈夫ですか?
  • 大丈夫です!
    実際に通われている方では、初心者の方が殆どです。ゼロからしっかりと学んでいくスクールになりますのでご安心ください。クラス担任制で質問がしやすい環境になりますのでしっかとしたフォローシステムが御座います。
  • 就職先のフィールドはどの様なところですか?
  • 一般的にはネイルサロンになりますが、その後のフィールドとしては独立開業(フリー)・ネイルスクール講師・ネイル用品メーカー・ブライダル業界・美容院(エステ)など様々な活躍のフィールドがあり、働き方も様々です。
  • 就職は出来ますか?条件(レベル)はどのくらいですか?
  • 求人も非常に多く、就・転職がし易い分野になります。条件としては一般的にネイリスト技能検定2級以上というサロンが多く、中には1級以上というサロンも御座います。検定をしっかりと取得していけば、就職先は多くありますのでまずはしっかりと検定を取得する事が就職への近道です。
    【ビューティセラピスト】
    求人も非常に多く、就・転職がし易い分野になります。就職条件としては資格取得というよりも、しっかりとした施術(技術)があるか?という部分と接客術がポイントとなります。講座内で、実際のサロンを想定したカウンセリング~施術までの実践的な一連の流れを学んでいきますのでご安心ください。
  • お仕事・学校(大学・専門学校など)と並行して通う事は出来ますか?
  • 出来ます!
    週1回~2回、1日3時間での勉強になります。平日の夜や土日など、お仕事や学校(大学・専門学校など)と並行して受講が出来る設定となっておりますので無理なく通う事ができます。
  • 不器用ですが、大丈夫ですか?
  • 大丈夫です!
    このご質問は、多くの方から頂きます。多少の個人差はありますが検定の取得→サロンへの就職という部分に関しては、不器用でもしっかりと練習をしていけば、クリアできるラインになります。ネイルを始める際に、多くの方が抱える不安になり、その様な方もしっかりと検定取得→サロン就職をしておりますのでご安心ください。
  • どの様な方々が通われてますか?
  • 社会人・フリーターの転職希望の方(自分のやりたい事を仕事にしたい)、大学生・専門学生のWスクールでの就職希望の方現職者のスキルアップとしてなど、 好きな事を仕事にしたいという方が通われております。
クリエイティブ分野に関するご質問
  • 結構年齢行ってしまっているんですが、今からでも転職できますか?
  • 出来ます。もちろん若い人の方が有利というのは事実です。が、一番重要なことは、ゲームプランナーとして活躍できる能力を身につけていることです。しっかりと勉強して、プランナーとして求められる能力と、今までのお仕事等で培ってきたスキルを活かして転職活動をすることができれば問題ないです。
  • プランナーの仕事ってどんなことするんですか?
  • ゲームの企画を作ること、ゲーム制作の中で、指揮官的な役割をしていくこと、スクリプト等簡単なプログラム、制作全体の潤滑油的な役割、なとプランナーの仕事は多岐にわたっております。
  • ゲーム業界へ就転職するにあたり必要なことはなんですか?
  • 【ゲームプランナー】
    プランナーとして、就転職活動するにあたり、企画書、ご自身で作られたゲーム(チーム制作)の提出を求められます。 上記の企画書や作品で、採用の70%以上は決まります。 そのため、就職するにあたり、企画書やゲームを業界人が求められるレベルのものを作れるようになることが重要です。 また、一般企業と同じような、コミュニケーション能力等の能力も求められます。

    【ゲームプログラマー】
    ゲーム制作にあたり必要なプログラム言語をしっかりと習得していることと、チームによるゲーム制作の経験が重要です。 プログラム言語をしっかりと理解体得し、それをつかって制作ができることが求められます。 会社によって、使用している言語は違いがございますが、ベースとなるC言語やC++を使いこなせるとチャンスは多いかと思います。 また、一般企業と同じように、コミュニケーション能力等の能力も求められます。 ただ、やはり技術職ですので、しっかりとした技術を身につけていることが最も重要です。
  • ゲーム業界って今後大丈夫ですか?
  • 昨今、ゲーム業界の暗いニュースをよく耳にするかと思います。 そのため、ゲーム業界の先行きを不安に思われている方も少なくないのが現状です。 特に、コンシューマーゲーム(PS4やWIIなどの据置機等のゲーム)に関して、暗いニュースが多いように感じます。 ただ、ゲーム業界全体を見てみると伸びています。それは、ソーシャルゲームやスマートフォン向けのゲームの力が大きいです。 今後、スマートフォンや、ソーシャルゲームのクオリティはどんどん向上していくでしょう。 コンシューマーゲームと同じクオリティの面白いゲームをスマートフォン等で制作できるようになることにより、ゲーム業界は今後も発展を続けていくと我々は考えております。 また、据置機も今後新しいハードや、技術の革新により復活していくことも考えられます。海外では、売れ行き向上の作品も多数御座います。 ゲームがない世の中に今後なることはおそらくないでしょう。世界からゲームがなくならない限りゲーム業界も大丈夫かと思います。 ゲーム業界はジェットコースターのような世界です。一気にヒット作が出て盛り上がり、しばらくヒット作が出ないで落ち込み、またヒット作が出て一気に盛り上がる。そんな世界です。 もし、今のゲーム業界を不安に感じるのであれば、あなた自身がゲーム業界を盛り上げられるようなゲームを是非作ってください。
  • ゲーム業界の仕事はハードって聞くんですけど大丈夫ですか?
  • 納期前には、終電までの仕事や休日出勤等することもあります。 ただ、ゲーム業界の仕事は、それ以上にやりがいがあるという声が大きいです。 自分が好きなものを精一杯作り上げることによる感動は、ゲーム制作でしか味わえないでしょう。 また、忙しい時期は相当忙しいですが、納品後等、仕事が一段落ついたあとに長期休暇をとったりすることも可能です。
  • プログラマーはどの言語を勉強するのがいいですか?
  • 目指したい会社、業界によってやっておいたほうがいい言語は違います。 ただ、ベースになる言語としては、やはり「C言語」です。C言語を完全にマスターしていれば、他言語を覚えることは比較的容易です。 また、一つの言語をしっかりと使いこなせるようになることが重要です。多くの言語をちょびっとだけかじっているという状態が一番もったいないです。

ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア