スポーツの専門学校に通う社会人の事情

資料請求 学校見学 体験授業

スポーツの専門学校に通う社会人の事情

社会人になった後でも夢を捨てきれない、または自分のスキルアップのために経験を積みたいなど、社会人で専門学校に飛び込む方もいるかと思います。今回はそんな社会人の専門学校事情について解説いたします。

社会人がスポーツの専門学校に通う割合

仕事をしながらスポーツの専門学校に通う人もいます。スポーツの専門学校には短期で学べるコースや夜間に開講されている授業を受けながら、スポーツ業界で活躍するための知識やスキルを学ぶことができます。それぞれの専門学校に通学する学生に占める社会人の割合は広く公開されていませんが、気になる方は志望する専門学校に問い合わせてみましょう。専門学校の多くは最寄駅からのアクセスが便利で徒歩圏内の立地なので、社会人にとって通学しやすい環境にあります。

スポーツの専門学校に社会人が通う目的

スポーツの専門学校には、既にスポーツトレーナーとして働いている人向けにNESTAなど国際的に認められている資格を取得することを目的としたコースを開講しているところもあります。働きながら次のステップアップのために必要な資格やスキルを身につけるための場所として専門学校を選ぶ人もいます。そして、一度社会人として働き始めたものの、スポーツ業界への思いが諦めきれず専門学校で学ぶことで再度スポーツ業界へ挑戦しようという人もいます。初心者から経験者まで幅広い層のニーズに応えてくれることが専門学校に期待されているのです。

社会人がスポーツの専門学校に通うメリットやデメリット

社会人がスポーツの専門学校に通う上で個々の状況に応じてメリットとデメリットがあります。夜間や週末などに開講されているため、仕事をしながらでも通いやすいことが、メリットとしてまず挙げられます。学校によっては振替制度が設けられているので、それほど大きなストレスを感じることなく急な残業やシフト変更に対応してもらうことが可能です。また、年齢制限がなく就職サポートも手厚いので、個人で通信教育を受けながら自力で資格取得や就職活動を行うことを比べると、とても心強いのではないでしょうか。 ただ、仕事をしながらの通学や資格取得に向けた勉強に取り組むことになりますので、スケジュールや勉強に費やす時間の確保を工夫して行う必要があります。夜間や週末に開講されている講座は日中の講座が1年ないし、2年かけて行われているのに対して半年や1年と期間が短いので短期決戦でいかに集中して取り組めるかが問われてきます。学校の制度をうまく利用して自分の時間管理をうまく行うことが希望する目標に到達する為の近道となります。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア