スポーツの専門学校に通う留学生

資料請求 学校見学 体験授業

スポーツの専門学校に通う留学生

全国にある観光やコンピュータ、技術など様々な分野の専門学校で留学生の受け入れを行っています。その中でもスポーツの専門学校に通う留学生もいます。

留学生はどんなコースに通っているの?

スポーツトレーナーやスポーツマネジメントについて学ぶというよりは留学生のために設置されたコースを選択することが多いです。具体的には日本語を学ぶコース、ITやビジネスに特化したコース、日本の大学に進学する為のコースなどです。これは、留学生が日本の専門学校で学ぶ目的として大学や大学院への進学と日本での就職が大きな割合を占めているためです。専門学校に在籍する学生は留学生全体の約16%を占めており、ベトナムやネパール、タイ、インドネシア、マレーシアなどからの留学生が増えています。/p>

留学生がスポーツの専門学校に入るには

留学生がスポーツの専門学校に入るには、受験する時点で語学や教育についていくつかの条件を満たしていなければならないことがほとんどです。ここでは、ある専門学校の一例を挙げてみます。

・母国の正規な学校教育で12年以上の過程を修了していること、または母国における12年の過程修了相当の学力認定試験に合格し18歳以上であること
・日本語学校で半年以上、または日本の高等学校で1年以上教育を受けた経験があること
・留学の目的と卒業後の進路が明確であること
・在学中の学費と生活費を支払う能力がある、または支援を受けることができること

他にも公益財団法人日本国際教育支援協会、及び独立行政法人国際交流基金が実施する日本語能力試験のN2またはN1に合格資格があること。また日本留学試験で日本語の読解、聴解、聴読解の合計が200点以上であることなどが条件になること、現在通学している学校の卒業見込みの時期などがあります。詳細については各学校の募集要項や問い合わせで確認するようにしましょう。

スポーツの専門学校に通う留学生はどのくらいいるの?

スポーツの専門学校に通う留学生の具体的な割合や人数については広く公表されていませんが、平成27年度の全国の専門学校分野別生徒数では、全体で656,103人在籍していた中で第1位の医療が214,848人の32.7%でした。それに次いでスポーツ専門学校が含まれる文化・教養の分野が144,055人で全体の22.0%を占めていました。留学生として専門学校に入学して母国へのUターンや日本での就職だけでなく、より専門の学習を深めるために大学編入や大学院に進学することを選択する学生もいます。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア