MY JOB ストーリー|声優・ボーカル養成講座

資料請求 学校見学 体験授業

MY JOB ストーリー

「人」と「場所」が寄り添う専門校で自分の内にある「熱」を実感してもらいたい


--お二人には声優ワークショップで全国の校舎をまわっていただいていますね。
朴)はい。最初は「今どきの若い子=しらけた感じ」という先入観があったんですが、全然違いました! アツい子ばかりで、私にとっても素晴らしい機会です。
関)僕もそう思った。世代こそ違えど、似ているところがたくさんあって嬉しい。


--学生に学んでほしいことや感じてほしいことなど、どんな思いで授業をされているかを教えてください。
朴)「熱」です! 表現って「自分がどう生きたいか」という欲求から成り立っていると思うんです。まずはそういう、自分の内にある「熱」を実感してもらいたいと思って授業をしています。
関)僕も同じような感じ。技術的なことよりも、それをどう活かすかが大切な訳で。活かすモチベーションをどうつくるか、その手助けになれたらと思っています。僕自身が教わる立場だった時も、先輩達に「表現者としての生き様」みたいなものを見せられて、それを自分のものにしてきた感じがする。何かのテクニックよりは、そういうのをすごく覚えているし役に立ってる。
朴)そうそう。テクニックありきではなく、気持ち先行の姿勢で学んでほしいよね。「こういう気持ちがあるから、このテクニックを習得したい」っていうのがベスト。自分の人生なんだから、客観的ではなく主観的にみて!そんな想いで、暑苦しい授業をしています(笑)。


--専門校で学ぶメリットって、あると思いますか?
朴)めちゃめちゃあると思う! 自分が好きなことに没頭できる時間って、専門校での時間くらいしかないですから! 私自身、自分の基盤は養成所に通っていた2年間だと思っています。「お前の芝居はああだこうだ」なんて仲間同士で言い合いながら本気で芝居と向き合ったアグレッシブな2年間だった。好きなことを思いっきり極められる期間だから、そのメリットを最大限に活かす方法を考えて過ごしてほしい。
関)僕は「通いやすさ」もあると思う。学生に対する協力体制がすごく手厚いからね。ライフスタイルの都合でどうしても通えない人が、講師の協力で通えるようになったっていう話を聞いたことがある。ヒューマンアカデミーの卒業生の話。
朴)へぇー! すごいね。良いなぁ。
関)設備も整っているしね。人と場所がしっかり寄り添ってくれるのは大きな強みになると思うな。̶
--そうなんです。全日制だけではなく夜間・週末コースなど、色々な道を用意しています。学校側は、デビューさせたい一心なので。
関)あ。アピールしてる(笑)。僕らも講師の人とたくさん話すけど、本当にアツい人ばかりですよね。

声援が嬉しいぶん、作品づくりにも責任を感じる


--お二人にとって仕事のやりがいは、どんなことですか?
関)たくさんの人と繋がれることが、すごく幸せだなぁと思いますね。視聴者からのお手紙を読んだ時とか、街で声をかけられた時とか。自分のことを応援してくれる人のことを思うと勇気が出ます。
朴)わかる! 海外の人が知ってくれていたりすると、すごく感動するよね。
関)そうそう。どこかの遠い国で僕のことを思ってくれている人がいると思うと、落ち込んだ時も「頑張ろう」っていう気持ちになれる。
朴)見てくれている人がいるっていうことは普段から分かってやっているつもりだけれど、それでも、実感できると本当に嬉しいよね。同時に、自分も作品づくりにもっと責任感をもたなきゃと思う。だから、喜びでもありプレッシャーでもあるな。
関)自分を見て知ってもらえることって、ありがたいよね。この仕事ならではだと思う。だからこそ僕たちは、見てもらうだけの努力なり苦労なりはしないといけないね。


--最後に、声優・俳優を目指している方々へメッセージをお願いします。
関)お芝居をするということに特別な能力や技術は必要ありません。とにかく、日々色々なものに興味を持って楽しく過ごすこと。これが一番の「準備」になります! 色々なものに触れてみることが、いざお芝居をする時に力になりますよ。
朴)自分の夢を持つことは素晴らしいことです。でも、はじめから一つに決めつける必要はないと思う。「あれもこれもやってみたい」と思ったら、どれもやってみればいいと思いますよ! 応援しています。



声優・ボーカル専門の学校(養成所)TOPに戻る▶

ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア