トピックス

オーディションの際のファッションとヘアメイク


オーディションの時、印象をよくする為に出来ることは全てやっておきたいですね。
自己PRなどもとても大切ですが、ファッションヘアメイクも大切です!

では、オーディションではどのようなメイクがいいのでしょうか?
また、どのような服装が良いのでしょうか?


45a3f7e9c4be8b0aad17598a76b40b2e_s.jpg

※動きやすい、また体のラインが分かる服装※
オーディションの内容に合った服装を選ぶようにしましょう。
事務所さんによってオーディションの内容は様々。
演技を審査するところもあれば、ダンス審査があるところも。
また、オーディションでは、スタイルや全身のバランスもチェックされます。
サルエルパンツなどの足の長さが分からないようなパンツは控えるようにしましょう。
足のラインが隠れてしまうので、できればブーツも控えましょう。


※派手過ぎる格好はNG※
オーディションがから目立つ格好で行こう!!と
派手・奇抜なファッションで挑む…
という方がいますが、目立つというより悪目立ちです
審査員にインパクトを残したいという気持ちは分かりますが、
かえって審査員に悪い印象を持たれてしまうことも。


※自身のあるパーツをアピールできる服装を選びましょう!※
審査員はスタイルや全身のバランスをチェックする為、
自分の自信のあるパーツがアピール部分!
人は首、手首、足首の人間の一番「細い」部分を出すと
スタイルが良く見えると言われています。
自分の良さを引き出してくれるものを選びましょう。


※顔や表情がはっきりわかる髪型にしよう!※
髪形も額の形や、フェイスラインがわかるようすっきりしたものにしましょう。
表情や顔のバランスをしっかり審査員に見てもらえるようにしましょう。
前髪を上げたりなどして、顔をしっかり出すことにより清潔感のある印象になります。

ポイントを押さえて、オーディションに臨みましょう!

ヒューマンアカデミー東京校のモデルタレントワークショップでは、
オーディションで悩むファッションのコーディネートやオーディションの際、
また撮影の際自分で出来るヘアメイクをレッスンします!
インスタグラムでワークショップの様子をチェック!!



ヒューマンモデルタレントワークショップ では
大手事務所と直結しているワークショップだからこそ、
安心して事務所所属を目指すことができます。

半年の短期コースがメインなので、お気軽にご相談くださいね。
ご興味のある方は資料請求OR学校見学お待ちしております!

声優・タレント・モデルカテゴリの新着記事

声優・タレント・モデル記事一覧はこちら