トピックス

キャスティングの手順



キャスティングする手順の一般的な部分をご紹介致します。


出演を依頼するモデルは、日本国内ですとモデル事務所や、
タレント・アーティストなどが所属する大手芸能プロダクションを所属しています。
まれに、事務所に所属しておらずフリーが活動しているモデルも居ます。


408279918e56d6233653f1e03596865a_s.jpg


広告代理店や制作会社が直接モデルをキャスティングをする手順ですが、


① 広告やイベントのイメージに合うモデルや事務所を見つける。
② 出演条件(出演告知概要、広告主情報、出演シーンイメージ、
肖像利用媒体、出演、肖像利用期間など)を整理する。
③ 出演条件が完了したら、事務所に問い合わせをする。
④ モデルのイメージが明確で、指名して出演依頼をする場合は
モデル名をあげて出演依頼をする。
(書類審査やオーディションを割愛する場合もあります。)
⑤ 問い合わせをした事務所から出演可能な候補モデルの
コンポジットや資料などを取り寄せる。
⑥ コンポジットや資料などを元に一次選考を行う。
(キャスティングの最終決定権者にもお伺いを立てる)
⑦ 二次審査となるオーディション会場の手配をする。
⑧ オーディションの詳細を作成する。
⑨ 二次審査に通過したキャストに審査オーディションに召集する。
⑩ キャスティング権限のあるスポンサーへオーディションの概要を共有する。
⑪ オーディション当日は連絡窓口として受付担当する。
⑫ オーディション会場では現場担当がオーディション参加者の
誘導やスポンサーへ、オーディション資料を準備する。
⑬ オーディションを開始し、オーディション終了後
全ての参加モデル事務所への合否連絡。
⑭ 採用となったモデル事務所と肖像利用に関しての契約の整理・締結。
⑮ 肖像利用開始後の肖像管理。肖像期間の管理、延長契約の検討。

などなど…上記内容以上にも仕事があります。


実際、広告代理店や制作会社、またスポンサーのキャスティング担当が、
キャスティング会社を利用せずに、出演モデルを直接キャスティングしているケースもあります。

モデル事務所は、広告出演の依頼を受けるスポンサーがお客様でありながら、
モデルのエージェントでもあります。その為、モデルをキャスティングする際には
モデル事務所のマインドを念頭に置き交渉をする必要性があるのです。

大体キャスティングに関して触りだけでもお分かり頂けましたでしょうか??
業界ではこのような職種があり、それらがある事によって回っているのです。

次回は芸能業界のマナーについてお伝え致します。


ヒューマンモデルタレントワークショップ では
大手事務所と直結しているワークショップだからこそ、
安心して事務所所属を目指すことができます。

半年の短期コースがメインなので、お気軽にご相談くださいね。
ご興味のある方は資料請求OR学校見学お待ちしております!

インスタグラムでワークショップの様子をチェック。


声優・タレント・モデルカテゴリの新着記事

声優・タレント・モデル記事一覧はこちら