トピックス

「タレント」になる為には?


前回に引き続き「タレント」に関しての紹介です。


前回の記事で「タレント」というのはどういう職種なのかお分かり頂けたと思います。

タレントになるということは一見、個性や特徴があれば誰でも出来ると思われがちですが、
実際は芸能界でも何より難しい職種だと思われます。
俳優のように演技が上手い、歌手のように歌が上手いと言った具合に何かに特化した技術を
磨けばいいという問題ではないからです。ではどのようにすればタレントになれるのか?
まずは勿論「事務所に所属する」ことです。


63798739c856fdd419339cbbee6a1eb0_s.jpg

芸能人として、タレントとして、活動するには仕事がないことには始まりません。
仕事はラジオやテレビなど様々な活動場所がありますが、仕事を貰う必要があります。
その為、仕事の営業活動をしなければなりませんがその営業活動を行ってくれるのが芸能事務所です。

芸能事務所に入るためには主に2つの選択肢があると言えます。

①オーディションを受ける
②スカウトを受ける


があります。ですが、基本的にスカウトはモデルや俳優などのスカウトがあり、
タレントとしてのスカウトはほぼありません。
その為、必然的にオーディションからタレントを目指すことになります。
ただし、オーディションとはあくまで一般的な選択肢の1つで、
その他にも

・SNSやネット動画などで有名になる。
・自分でコネを作り活動する。


など。オーディションだけではなく、このようなやり方はあります。
どれを選ぶにしても、根気と人の繋がりが必要不可欠になります。

【タレントに必要な能力】
タレントになるために必要な能力を簡単にまとめてみましょう。

①スキル
話し方や表現力など、人前に出るための基礎となる技術。


②コミュニケーション力
挨拶やトーク、また出てほしいと思ってもらえる人柄・人間性の部分。


③自己プロデュース力
体調管理や体形維持などの自己管理や自分にしかない個性を磨く能力。



タレントとは俳優や女優や歌手などとは違い、特別な芸を見せる、
というものではなく「発言」をメインとした仕事です。
番組の構成を把握し盛り上げることが仕事になる為、人間性や頭の回転の速さ
切り替えの上手さ、間の取り方などなど。
女優や俳優などとはまた別の職業ということがお分かり頂けたかと思います。

タレントを目指している方は、必要な能力を身につけて、
オーディションなど多く受けてみてください。
オーディションを多く受けることによって自己プロデュース力や
コミュニケーション、スキルなど更に身に付いてきます。


ヒューマンモデルタレントワークショップ では
大手事務所と直結しているワークショップだからこそ、
安心して事務所所属を目指すことができます。

半年の短期コースがメインなので、お気軽にご相談くださいね。
ご興味のある方は資料請求OR学校見学お待ちしております!

インスタグラムでワークショップの様子をチェック。

声優・タレント・モデルカテゴリの新着記事

声優・タレント・モデル記事一覧はこちら