資料請求 学校見学 体験授業

経験者から聞く!夜間学校のメリットとは?【俳優・タレント編】

俳優やタレントを目指す場合、プロダクションに入るためのオーディションが待ち構えています。オーディション本番で緊張をほぐせと言われてもなかなか難しいもの。オーディションで、普段の実力がしっかりできるように練習をしておくことが大切です。さらに、これから紹介する練習方法は、俳優・タレントになって活動していくうえでも大切なことなので、しっかりとおさえておきましょう。

俳優・タレントの練習方法①「からだを意識する」

自分のからだについて知っておくということは、俳優やタレントになるうえで大切なことです。例えば周りから首に力が入っているように見えても、本人に自覚がなければ、どうやって力を入れているのか分かりませんから、指摘されても直すのは困難です。
からだを意識するということは、今どこに力が入っているのか、どこがリラックスしているのかが分かる大切なこと。プロの俳優さんなどは変なところに、力が入っているということは少ないですよね。
しかし、この緊張と緩和は自然と身につくようなものではありません。毎日の練習が功をなします。やり方は簡単です。いつものストレッチを少し意識してみるだけ。ストレッチなど身体をほぐす際は、からだのどこが伸びているのか、どこに緊張が走っているのか意識して行うようにしましょう。

俳優・タレントの練習方法②「表情の練習」

俳優さんやタレントさんは、やはり表情の豊かな人が魅力的にうつったりしますよね。俳優やタレントを目指すのであれば、表情を豊かにするということが大切です。特に俳優の場合は、役柄によって表情を使い分ける必要があるので、おさえておきたいところ。表情筋のトレーニングはできるだけ行うようにしましょう。
トレーニングは、自分の顔が良く見える鏡の前に立って、「あ・い・う・え・お」と大きく口をあけながら声に出すだけ。大きく口を動かすことによって、しっかりと表情筋を鍛えることができます。トレーニングをするのを忘れがちな方は、歯磨きの時など自分のタイミングを決めて行ってみると良いでしょう。

俳優・タレントの練習方法③「一人芝居」

自分の感性を磨くのに、一人でもできるおすすめの方法が一人芝居。ネット上に数分でできる簡単な台本などがありますので拾ってきて練習してみましょう。役の気持ちになって芝居を演じてみるのがポイント。一人芝居のメリットは、試行錯誤しながらさまざまなバリエーションなどで何度も練習できるところです。さまざまな台本を練習してみるのも良いですし、ひとつの台本をより深く掘り下げて様々なバリエーションで行ってみるのも良いでしょう。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア