資料請求 学校見学 体験授業

CG・アニメーションの資格とは?(種類・費用・取り方)

CG・アニメーションの仕事をするのに必要な資格はありませんが、自分のスキルを証明するのには、資格というのは重要な手段でもあります。CG・アニメーションに関する資格だと、CGクリエイター検定、Photoshopクリエイター能力検定試験、色彩検定などがポピュラーです。それぞれの資格について詳細を確認してみましょう。

CG・アニメーションに関する資格の種類は?

【CGクリエイター検定】
CG-ARTS協会が主催する検定試験です。ベーシックからエキスパートまであり、CGに関する幅広い知識が問われます。CGを扱う業界では、登竜門といえる資格です。内容はデッサンなどのデザインの基礎から2DCG、3DCGの他、知的財産権などのデザインに関わる知識まで。単にCGが扱えるだけでなく、デザインの基礎を身につけておく必要があります。

【Photoshopクリエイター検定試験】
サーティファイが主催する検定試験になります。レベルはスタンダードとエキスパートの2つ。AdobeのPhotoshopを画像処理の知識や実技を伴った画像編集など、ソフトをしっかりと使いこなせるかが問われます。CGアニメーションでは、3DCGソフトだけでなくこうした画像処理ソフトも利用するため、持っておくと便利です。

【色彩検定】
公益社団法人色彩検定協会が主催する検定です。1~3級までが設定されており、色の働きから色彩、ファッションやインテリアなど幅広い範囲で色彩のことを問う内容となっています。CGアニメーションでも配色を考えて色付けしていくこともありますから、持っていたらプラスアルファにすることができる資格です。

CG・アニメーションに関する資格の費用は?

【CGクリエイター検定】
ベーシック5,500円、エキスパート6,600円

【Photoshopクリエイター検定試験】
スタンダード7,200円、エキスパート8,200円

【色彩検定】
3級7,000円、2級10,000円、1級15,000円

CG・アニメーションに関する資格の取り方は?

【CGクリエイター検定】
個人で申し込みを行う場合、CG-ARTS協会のホームページもしくは郵送にて受験の申し込みを行います。受験場所は全国19の場所から選択可能。CGクリエイター検定は毎年7月と11月の2回行われるので、遅くとも受験の1ヶ月前には申し込みを済ませておくことが大切です。試験は100点満点中70万点以上合格でとりおこなわれます。

【Photoshopクリエイター検定試験】
Photoshopクリエイター検定試験では、随時試験を受けることができます。随時試験とは、各試験会場が指定する検定日で随時受験することができるというもの。年に何回でも受験可能なため、仕事などをしていても受験しやすい試験だと言えます。試験は各試験会場に電話やメールで直接申し込む形です。知識や実技問題65%以上、実践問題70%以上の正答率で取得することができます。

【色彩検定】
個人で申し込みを行う場合、インターネット、書店、郵送で申し込みを行います。6月と11月の2回試験が開催されますが、1級だけは11月の年一回のみです。試験の1~3ヶ月前までが申し込み可能期間になります。基本的には70%以上が合格率になりますが、難易度によっては多少前後することもあります。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア