キャラクターの表情を決める「目」をイラスト講座で学ぼう!

資料請求 学校見学 体験授業

キャラクターの表情を決める「目」をイラスト講座で学ぼう!

人物を描く漫画やイラスト、アニメーションで、キャラクターの表情を決めるのに大切なのが「目」ではないでしょうか。漫画やイラストでは目の形も多くあり、どんな風に描いたら良いのか迷ってしまう場合もあります。今回は、イラストにおける目の描きかたのコツと学び方、学べる場所を紹介します。

目のイラストのコツ

イラストで顔を描く際に重要なのが、各パーツです。特に「目」の部分は、顔の表情を決める上でも大切な部分になります。イラストを描く前に表情やキャラクターの設定を決めておくことが必要です。

・目の形はキャラクターのイメージで決める
漫画やアニメーションでは、ストーリーにあわせてキャラクターの人物設定を決めています、目の形もキャラクターのイメージに合わせて決めるのが大切です。クールなキャラクターであれば、少しつり目に描いてみたり、天然ボケ系のキャラクターならまぶたを下げるように描くといった方法もあります。キャラクターの表情や行動でも目の形は変わってきます。
・作風で決める
漫画やアニメーション、イラストにおいて「目」というと黒目の部分がキラキラのイメージが強くあります。でも、自分の作風はキラキラの目でしょうか?それともキラキラではないほうでしょうか?「目」はイラストの作風を大きく決める部分にもなりますので、キラキラの目にこだわらず色んな描き方を試してみましょう。

目の描きかたを学ぶには

イラストの描き方の本のなかでも、体のパーツの描き方を紹介しているものや表情の描きかたを紹介しているものを読むと参考になります。最初はどうやって描いたらよいのかわからないと思うので、本を参考にすると描きやすいのではないでしょうか。基本的な描きかたができるようになったら、好きな作品を模倣してみるのも目の描きかたを学ぶことができます。

目の描きかたを学べる場所は

目の描きかただけに特化して学ぶことはできませんが、目を描くコツを知るのは、大学や専門学校です。美術系の大学や専門学校では、必ず授業に人物のデッサンがあり、漫画やイラストを描くテクニック知ることができます。カリキュラムのなかにキャラクターデザインの授業があれば、人物設定にあわせた表情を描くことを学べるので、自然と目の描きかたを勉強することができます。大学や専門学校は、独学では難しいデジタルイラストの描き方も学べるので、デジタルイラストで目を描くこともできるようになります。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア