上手に描くのが難しい!顔の描き方が学べるイラスト講座

資料請求 学校見学 体験授業

上手に描くのが難しい!顔の描き方が学べるイラスト講座

人物や動物をイラストで描くときにポイントとなるのが顔です。顔の輪郭や形をバランスよく描くのは難しいので苦手という人もいるのではないでしょうか。上手に描けるコツがあったら知りたいという人のために、イラストで顔を描くコツと顔のイラストの学び方について紹介します。

イラストで顔を上手に描くコツ

・正面の描き方
イラストで一番描く回数が多いのに、一番難しいのが正面です。顔の正面を描くコツは、輪郭をバランス良く描くことが大切です。左右対称に書けるようになるために、きれいな丸の描き方を練習するのもひとつの方法です。目や鼻、口といったパーツといった部分を際立たせるのも最終的には顔の輪郭次第になります。
・横顔の描き方
正面とは違った意味で難しいのが横顔です。横顔は鼻の描き方が決め手になります。やはり輪郭がポイントです。描き方に慣れるには、キレイな楕円形を練習をすること、楕円形を縦型に描いて、その上で鼻を加えると、横顔は書けるようになります。口や目といったパーツを入れたり円の形を修正していくことで理想の横顔が作れます。
・斜め顔
顔をイラストで描く場合、正面や横顔の他に斜め顔もあります。斜め顔も正面同様に輪郭が大切です。きれいに丸が描けるようになれば、輪郭のバランスも取れるようになるはずです。斜め顔と正面の違いは額の部分の広さではないでしょうか。斜め顔のほうが正面よりも額の部分が広くなります。目や鼻といったパーツは下の部分に描くようにします。

イラストで顔を描くための学び方

初めて描くときは、描き方がわからないと思うので、インターネットで「顔の描き方」を調べてみたり、イラストの専門書を読むのがわかりやすいのではないでしょうか。本によっては体のパーツを中心にした書籍もあるので、独学でも顔の描き方を練習しやすくなります。

イラストで顔を描くために学べる場所

独学だと不安という人は、イラスト教室に通ったり、大学や専門学校に通うのも顔の描き方を学ぶことができます。顔の描き方の基本を学んだり、サークル感覚で和気あいあいに勉強をするならイラスト教室でも構いませんが、顔を描くためのテクニックや本格的な技術を学びたいのなら大学や専門学校のほうがおすすめです。顔の形だけでなく、表情の作り方など細かいところまで学べます。専門学校へ通うことが難しい方には、週末や夜間に集中して学べる講座も開講しているので、ぜひチェックしてみてください。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア