なるには|ゲームプログラマー

資料請求 学校見学 体験授業

ゲームプログラマーになるには

会社・職業に合わせたプログラム言語を習得し、ゲーム制作の経験を得ることが重要です。
SEであったり、IT系企業の一部ではプログラム未経験者でも就職可能なところもありますが、ゲーム会社に関してはプログラム未経験者は、就職が非常に難しい現実があります。
ゲーム会社の場合、何か一つの言語を完璧にマスターしている人材が求められています。CもC++もJAVAも少しかじっているといった人材よりも、ひとつの言語を完璧に使いこなせる人材の方が価値が高くなります。
その上で、ゲームを実際に制作したことがある人材が求められます。実際の就職面接の際に、作成したゲームの提出を求めるゲーム会社も少なくありません。
転職が活発な業界でもあるため、最初から希望の会社に入れなくても転職チャンスがあります。


やりがい

ゲームプログラマーの一番のやりがいは、ゲームを作り上げた時の感動です。 実際にゲームを動かすに当たり、プログラムのスキルは必要不可欠なものであり、プログラマーがいないとゲームは動きません。 プログラマーがいないとゲームは作れないといっても過言ではなく、自分自身でプログラムをうち、ゲームが動いたときの感動は、他には変えられないものです。

ここが大変!

ゲーム制作において、一番仕事が多いのはプログラマーです。 最初から最後までフル稼働しなければなりません。バグが発生するのもプログラムが多く、納期前には相当ハードな仕事をする場合があります。 また、ゲーム制作をする場合、多人数のプログラマーでひとつのゲームを作ります。その際、多くのバグが発生します。そのバグの修正が最も大変な仕事の一つです。 チームの中でコンセンサスをとって制作することも重要です。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア