資料請求 学校見学 体験授業

ヘアメイクの練習方法とは?

特に、ヘアメイクの場合は、実践を重ねることが上達への近道。ヘアメイクの場合、実際に触れることによって、微妙な感覚の違いなどを感じることがあります。そのため、ヘアメイクの腕を磨きたいのであれば、学ぶよりも慣れろという言葉がしっくりくるかもしれません。ヘアメイクのスキルを伸ばしたい方に向けて、やっておきたい練習方法は3つです。それぞれの特徴とそれぞれの練習方法によって学べることを紹介します。

ヘアメイクの練習方法①「イメージトレーニング」

ヘアメイクのイメージトレーニングは、最新の雑誌を見て行います。ファッションと同じように、ヘアスタイルのトレンドは刻々と変化していくもの。いつの間にか流行にのり遅れてしまい、顧客のニーズに応えられなくなったということがないようにするためにも、最新のスタイルに触れることは大切なことです。最新のスタイルを見ながら、この顔の形ならこうするだとか、想像を膨らませてみましょう。気になったスタイルをスクラップ状にして、イメージを書き込んでいくのも良いです。イメージトレーニングをすることによって、実践では得られない想像力などを養うことができます。

ヘアメイクの練習方法②「ウィッグを使った練習」

ヘアメイクの練習法と言えば、ウィッグを使用した練習法は外せません。ウィッグの練習は、顔だけのマネキンにウィッグを取り付けて行っていきます。ウィッグやマネキンはインターネットなどでも簡単に購入することができるので、自宅にも揃えておきたいところ。ウィッグのセットがひとつあるだけでも、さまざまなヘアアレンジを試すことが可能です。ショートやロングなど様々なヘアスタイルがあるので、髪の長さの違うウィッグをそろえておくと、多様な練習ができます。ウィッグを使った練習のメリットは、より実践的で視覚的にもスキルの向上が実感できることと、繰り返し練習を行うことができるという点です。

ヘアメイクの練習方法③「本番さながらの練習」

ウィッグなどの練習と合わせて行いたいのが、モデルを使った練習方法。実際に人にヘアメイクを施すことによって得られる経験は大きいですし、よりニーズに合ったヘアメイクができているかなども確認することができます。さらに、マネキンと異なりメイクを施せるという点もメリットです。自分のメイクの技術を高めたいときや、スキルを確認したいときにもおすすめ。何度も繰り返し練習するということは難しいですが、友人や家族などに頼んでモデルになってもらい、定期的に練習を行うと、本番さながらの緊張感の中、ヘアメイクを練習することができます。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア