資料請求 学校見学 体験授業

知っておきたい!ヘアメイクのオーディションとは

ヘアメイクの世界には、クリエイティブなヘアメイクの頂点を競うオーディションが毎年行われています。ヘアメイクでさらなるスキルを目指すのであれば、オーディションについてある程度理解しておきたいもの。オーディションにエントリーして、グランプリーなど賞を受賞すれば、ヘアメイクとしてのスキルの証明にもなりますし、今後幅広い活躍などを充分に期待することができます。ヘアメイクのオーディションついて詳しい内容をチェックしてみましょう。

ヘアメイクオーディションの内容とは

ヘアメイクオーディションは、ヘアメイクの頂点を競うオーディションです。主に、国内で開かれる大きなオーディションの内容をもとに見ていきましょう。
まず、オーディションは予選、実技を伴った本番という流れが一般的です。予選では、作品のフォームなどと一緒にヘアメイクの写真を添付して臨みます。予選で勝ち残れば、本番出場の権利を得ることができます。特に有名なオーディションの場合は、ウィッグなど指定されている場合があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。また、オーディションでは学生向けのものと一般向けのものが設けられているのが一般的です。学生向けのものには、在学中でも参加することができるので、興味があれば在学中からでもどんどん応募してみても良いかもしれません。
さて、予選に通過すると、いよいよ本番ですが、本番では予選で提出したものをもとにヘアモデルと使って審査員の前で実技を行っていきます。本番で見られるのは、大きく分けてテクニカルとヒューマンスキルの2つ。テクニカルではテーマに沿ったものか、クリエイティブなスタイルかなどの技術面が見られ、ヒューマンスキルではスピードやモデルとのコミュニケーションなどが見られます。

ヘアメイクオーディションと自己PR

ヘアメイクのオーディションでは、予選の際に自己PRやスタイルの説明の提出を要求される場合があります。予選は、本番の出場権を得るための登竜門です。自分のヘアスタイルにより関心を寄せてもらうには、自己PRなどを充実させることも重要。自己PRについては、適切な日本語かという点はもちろん、分かりやすい表現かどうかもチェックしてみましょう。自己チェックでは不安な場合もあると思いますので、一度第3者から確認してもらうことをおすすめします。

有名なヘアメイクオーディション

ヘアメイクオーディションで有名なものと言えば、「全日本ヘアメイク選手権」でしょう。旧パリコレ ヘア&メイクアップアーティストオーディションで、パリコレの出場権を競って行われます。グランプリーに輝くと、パリコレクションで、アシスタントやアーティストとして同行することができるのです。2015年はメイク部門とクリエイティブ部門の2つの部門が設けられました。


ヒューマンアカデミーのソーシャルメディア